トップページ > 豆乳と乳がんの発がん性リスク

豆乳と乳がんの発がん性リスク

欧米に比べると、日本での乳がんの発生率は少ないほうだといわれます。しかし近年では上昇傾向にあり、若い女性が命を落とすようなケースも少なくありません。

 

乳がんは女性ホルモンであるエストロゲンが多すぎると、発生のリスクがたかまります。そのため、女性ホルモンのバランスは、しっかりと整えていくことが大切です。

 

特に、多くのエストロゲンが作られる成長期などには、乳がんが発生する可能性が高まります。逆に、若いときに卵巣によるエストロゲンの生成がない男性や卵巣を失った女性は、乳がんにかかる恐れがかなり低いのです。

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。このことから、大豆イソフラボンを摂取し過ぎると乳がんの発生が心配されます。豆乳と乳がんの関係が心配されることもよくあり、いろいろな情報が出回っています。

 

しかし、普段の生活で豆乳を摂取する程度の大豆イソフラボンであれば、乳がんのリスクを高める心配はありません。それどころか、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果から乳がん発生のリスクが下がる場合もあるのです。

 

乳がんの治療でホルモンの抑制を行うときにも、豆乳などで女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンの摂取を心配する方がいるかもしれません。それも、豆乳で大豆イソフラボンを摂取する程度なら、特に問題はありません。

 

ところが、大豆イソフラボンのサプリメントを多量摂取してしまうと、体に悪影響をおよぼすことがあります。覚えておきたいのは、豆乳は乳がんの予防には効果がありますが、乳がんにかかってしまった後では効果がないということです。

美味しい豆乳ドリンクはコレ
そいっち しみ込む豆乳飲料 うるおう豆乳飲料

有機大豆を使用した小さなお子様から大人の方まで、美味しく飲める豆乳飲料です。

 

  

豆乳の栄養分はもちろん、シルクペプチドとコラーゲンを配合した豆乳飲料です。

 

  

豆乳成分に加えてグルコサミンやアミノ酸を加えた抹茶味の豆乳飲料です。

 

  


 サイトマップ
Copyright(c) 2015 豆乳ドリンク人気ランキング※化粧品・食品もあるよ♪ All Rights Reserved.