トップページ > 豆乳の手作りのレシピ

豆乳の手作りのレシピ

市販されている豆乳は、店頭に並ぶまでにある程度日にちが経っており新鮮ではありません。
豆乳は簡単に手作りすることもできますので、作り立ての鮮度の良い豆乳を一度味わってみてください。

 

材料や道具には、乾燥した大豆、水、ミキサ-、鍋が必要です。
まず乾燥大豆を水でよく洗い、鍋に水を張ってじっくり24時間大豆を浸しておきます。
大豆が水を吸うと、大体二倍程度のサイズになります。
大豆を割ったときに、全体的に白っぽい見た目になっていればOKです。
再度水で綺麗に洗い、水気を切ってミキサーでドロドロになるまで撹拌させてください。
状態は粉々ではなく、多少ざらざらとした感じにします。
粉々にした大豆を鍋に移したら、沸騰させた後中火程度の火で加熱します。
撹拌は、底が焦げないように注意して行うことです。
5分以上煮た後に、大豆をさらしなどで細かくこしておからと豆乳に分離させます。
おからはパンやクッキーなどにもできますので、とっておきましょう。

 

出来上がった豆乳は賞味期間が短いので、作ったらすぐに使い切るようにしましょう。
大豆から作ったばかりの豆乳は無調整豆乳ですので、そのまま飲むと青臭さや癖があります。
短い時間でしか煮ていないため、少し水っぽい味わいになります。
賞味期間が短いので、少量ずつ作るのがポイントです。
このようなことを考えると、自家製の豆乳を作るメリットはあまりなさそうです。
しかし、ヘルシーなことには間違いありませんし、自然派にこだわる人には向いているかもしれません。

美味しい豆乳ドリンクはコレ
そいっち しみ込む豆乳飲料 うるおう豆乳飲料

有機大豆を使用した小さなお子様から大人の方まで、美味しく飲める豆乳飲料です。

 

  

豆乳の栄養分はもちろん、シルクペプチドとコラーゲンを配合した豆乳飲料です。

 

  

豆乳成分に加えてグルコサミンやアミノ酸を加えた抹茶味の豆乳飲料です。

 

  


 サイトマップ
Copyright(c) 2015 豆乳ドリンク人気ランキング※化粧品・食品もあるよ♪ All Rights Reserved.