トップページ > 豆乳の1日の目安摂取量と正しい飲み方

豆乳の1日の目安摂取量と正しい飲み方

ダイエットに効果があるとして、豆乳製品がブームになったことがありました。多くの人が豆乳ダイエットに試み、その延長で大豆イソフラボンのサプリメントまで摂取する人が増えたのです。

 

このことから、一部の人に体に良くない影響がもたらされました。これは豆乳がいけなかったのではなく、サプリメントの摂取によって大豆イソフラボンを摂り入れすぎたのが問題です。大豆イソフラボンのサプリメントは、一日70mg以上の摂取が制限されています。

 

大豆イソフラボン配合のバストアップサプリをお探しなら!

 

過剰に摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れて月経周期や生殖器にまで悪影響を及ぼす可能性が危ぶまれたのです。

 

ただし、豆乳を適度に飲む程度であれば、特に問題はありません。注意したいのは、牛乳と同じように飲みすぎによる下痢や腹痛です。

 

豆乳を一日に摂取する適量は、大体コップ2〜3杯程度が目安です。大豆製品は、日本の食生活では味噌や納豆、醤油などから摂取する分もあるからです。

 

基本的にはヘルシーな飲み物である豆乳は、他の大豆製品の摂取とのトータルバランスを考えながら飲むようにしましょう。そうすれば、過剰に摂取して体に悪影響が出るという心配もありません。

 

なお、より健康的に豆乳を摂取したいときには、無調整豆乳をおすすめします。青臭さが気になる人もいるかもしれませんが、自分なりの上手な飲み方を工夫してみてください。日本豆乳協会のウェブサイトには、おいしく効果的な飲み方の情報が掲載されていますので参考になります。

美味しい豆乳ドリンクはコレ
そいっち しみ込む豆乳飲料 うるおう豆乳飲料

有機大豆を使用した小さなお子様から大人の方まで、美味しく飲める豆乳飲料です。

 

  

豆乳の栄養分はもちろん、シルクペプチドとコラーゲンを配合した豆乳飲料です。

 

  

豆乳成分に加えてグルコサミンやアミノ酸を加えた抹茶味の豆乳飲料です。

 

  


 サイトマップ
Copyright(c) 2015 豆乳ドリンク人気ランキング※化粧品・食品もあるよ♪ All Rights Reserved.