トップページ > 豆乳の飲みすぎと副作用

豆乳の飲みすぎと副作用

豆乳の流行に伴って、一時期豆乳の飲みすぎによる影響が話題になります。大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモン似た働きを持っています。

 

そのため、過剰に取り過ぎるとホルモンバランスが崩れてしまい、に悪影響を与える可能性があるのではないかといわれたのです。

 

女性ホルモンへの影響が、生理周期の変動や子宮内膜増殖症を引き起こす原因となってしまうのではないかと思われたのです。

 

しかし、普通に豆乳を飲む程度では、そのような悪影響が起こることはありません。むしろ問題となる恐れがあるのは、大豆イソフラボンのサプリメントによる過剰摂取です。

 

大豆イソフラボン配合のバストアップサプリをお探しなら!

 

大豆イソフラボンは一日に50mg以上摂取しないようにし、豆乳なら400ml程度の摂取におさめるのが健康的です。日常生活では、豆乳の原料となる大豆をさまざまな形で摂取しているものですので、トータルの摂取量に気を付けてください。

 

例えば、日本の食生活には欠かせない醤油や豆腐、味噌なども、大豆製品の一種です。

 

大豆加工食品を多量に摂取したとして出てくる影響は、下痢や腹痛などの症状です。そのため、あまり心配する必要はありませんが、ヘルシーに思われがちな大豆製品にもカロリーはあります。

 

過剰摂取により、カロリーを取り過ぎてしまうことがあるのを忘れないようにしてください。適度な摂取であれば、豆乳には体に良く作用する成分がたくさん含まれています。健康的な体を作るために、過剰にならない程度に積極的に飲むようにしましょう。

美味しい豆乳ドリンクはコレ
そいっち しみ込む豆乳飲料 うるおう豆乳飲料

有機大豆を使用した小さなお子様から大人の方まで、美味しく飲める豆乳飲料です。

 

  

豆乳の栄養分はもちろん、シルクペプチドとコラーゲンを配合した豆乳飲料です。

 

  

豆乳成分に加えてグルコサミンやアミノ酸を加えた抹茶味の豆乳飲料です。

 

  


 サイトマップ
Copyright(c) 2015 豆乳ドリンク人気ランキング※化粧品・食品もあるよ♪ All Rights Reserved.