トップページ > 豆乳の種類

豆乳の種類

健康のために、豆乳を飲んだことがある人は多いのではないでしょうか。
いまや、豆乳製品は店頭に専用のスペースができるほど一般に広く普及しています。
豆乳の原料である大豆は納豆や豆腐などにも加工されていますから、大豆製品の流通ぶりは頼もしい限りです。

 

豆乳は、大豆を加熱して搾りとった大豆汁です。
豆腐になる前の液体で、絞った残りカスはおからとなります。
おからの成分は食物繊維がほとんどで、豆乳は大豆から食物繊維以外を取り除いたものと考えることもできます。
豆乳飲料として出回っているものには、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類があります。
無調整豆乳は何も手を加えていない搾ったままの豆乳で、大変青臭くほとんどの方がそのまま飲むことをためらうでしょう。
しかし、一番体に良いのが無調整豆乳なのですが、よほどの健康志向の人でない限り、調整豆乳を飲んでいる方がほとんどです。
その調整豆乳は、無調整豆乳に甘味などを加えて飲みやすいように調整したものです。
商品によって様々なものが加えられていますが、まだ青臭さは残っています。
そのため、健康のために飲んではいても、おいしく飲んでいる方は少ないようです。
豆乳飲料は、どちらかといえば飲み物に豆乳を混ぜたというようなものです。
豆乳を初めて飲む方や豆乳の味が苦手な方には、飲みやすい飲料といえるでしょう。
しかし豆乳の成分はほとんど含まれていないため、豆乳の栄養を摂取したいという目的がある方には不向きです。
豆乳の成分を期待して健康になりたい方は、調整豆乳か無調整豆乳かのどちらかをおすすめします。

美味しい豆乳ドリンクはコレ
そいっち しみ込む豆乳飲料 うるおう豆乳飲料

有機大豆を使用した小さなお子様から大人の方まで、美味しく飲める豆乳飲料です。

 

  

豆乳の栄養分はもちろん、シルクペプチドとコラーゲンを配合した豆乳飲料です。

 

  

豆乳成分に加えてグルコサミンやアミノ酸を加えた抹茶味の豆乳飲料です。

 

  


 サイトマップ
Copyright(c) 2015 豆乳ドリンク人気ランキング※化粧品・食品もあるよ♪ All Rights Reserved.